1歳のお祝いに、一生の思い出に。

一升もちじゃなくて、一升パン。

一升餅って、ご存知でしょうか?

1歳のお誕生日、一升(約1.8kg)のおもちでお祝いする習わしです。

一升(いっしょう)と一生(いっしょう)をかけて「一生食べ物に困らないように」「これからの一生が健やかになるように」との願いを込めているんだとか。

また、おもちの丸い形から、円満な人生を送れるようにとの意味も込められています。

 

でも、最近は「おもち1.8kgは、食べきれない・・・」という方も多く

小分けになったもの、デザインがかわいいものも売られています。

 

さて、赤ちゃんがたくさん集まるごろねのくにでは、

せっかくパンを毎日焼いているので、一升餅ならぬ一升パンでお祝いしては?と考えました。

 

 

じつは王様、かざりパンの作成も得意だったりします。

 

写真は、四つ編みにしたリース型のパンに、リボン、葉っぱ、小麦の細工パンをくっつけたもの。

らいごろんのお祝いメダルもついて、かわいいでしょ?

 

リースの奥に写っているのは、やっぱり丸いのもあるほうが「それっぽい」ということで、発酵かごで丸く焼いたパン。

2つ合わせて1升になっています。

 

デザインは、王様に相談してもらえれば

できるだけご希望にそえるように、いろいろ考えて作ります。

下の写真のように、メッセージボードみたいな形にしたり、小さい飾りパンをたくさん作ってもかわいいですね。

 

ちなみにこのパンの生地は、ピザなどに使うとてもシンプルなもの。

卵もバターも牛乳も使っていないので、アレルギーがあるお子さんも口にできます。

 

パンなので、スライスしてラップに包んで冷凍すれば保存もOK。

トースターで焼き直せば、焼き立ての美味しさです。

 

 

一生の思い出に、世界にひとつだけのオリジナルの一升パン。

いかがでしょう?

 

一升パン(生地1.8kg分) 5,000円〜

☆一升パンのご予約・お問合わせは、こちらから。